香港・マカオ・ツアー集客状況

香港・マカオ・ツアー集客状況…お正月の海外旅行のパンフレットがお客さんの手元に届き始めています。私の担当する香港・マカオツアーは出足が良くなくて、他の方面のツアーはボツボツと予約が入り始めています。他社からも香港・マカオツアーが出ていますが、それと比べると私の出しているツアーの方が同じような内容で安いので、他社が出しているので、私の出しているツアーが引き立てられて良いとは思っています。

ツアーの特色としては香港・グルメを前面に押し出しているところと香港・ホテル予約はランガムプレイスという5ツ星ホテル、マカオはMGMグランド・マカオという5ツ星ホテルを使っているツアーです。どちらも豪華ホテルであるということと、新しいホテルであるというところが共通しています。

九龍半島・観光ではオープントップバスをツアーに組み込んだり、アクアルナ号でビクトリア湾から香港の夜景を見たりする内容をコースに入れています。通常は香港・オプショナルツアーの内容をコースに組み込んでいますので、それだけでも値打ちがあると思います。

また、マカオ・観光とマカオ・カジノを存分に楽しめるようにマカオを日帰り観光にせずにマカオに泊まるツアーにしています。そんな自信のあるコースであるにも関わらず集客ゼロです。

やはり同じような内容で昨年GWとお正月に行ったから、もう香港に行きたい人も少なくなってしまっているのか。それにしてはその2回とも特にたくさんのお客さんと一緒に行ったということもありませんでした。

上半期の数字が良かったので、この香港ツアーはそれほど多くの利益がなくても、催行さえ出来れば良いと思っています。それは、いずれにせよ、どこかに添乗に行かなくてはいけません。それなら添乗手当が多い海外添乗で個人的に好きな香港・マカオにいけるのが一番いいからです。

ホントに一番良いのはお正月くらい添乗など行かずに家族と一緒にお正月を迎えることなのですが、それは許されないようですから、個人的に楽しめるところに行くことということになります。香港のグルメで橋底辣蟹という料理があります。

これがまた非常に美味しいのですが、それほど高い料理というわけではありません。仕事で香港に行って、この橋底辣蟹をしっかりと食べて、マカオのカジノを楽しんでお正月を過ごせるように、仲の良いお客さんに声をかけて香港ツアーを催行させれるようにしないと、不本意な添乗に行かなくてはいけなくなってしまいます。

スポーツサイト-LINK

 フットサル&サッカー|愛知県小牧市…フットサルのクラブでチーム名は「THREE PIECE/futsal club」というサイトです。…愛知県を中心に活躍されていて、3チーム寄せ集めだから3ピースというチーム名らしいです。活動場所は「ロコス小牧」「41フットサルクラブ」「春日井インターフットサルクラブ」などなど、対戦相手を随時募集!!。←このサイトオーナーやる気がありません!!

メニュー構成を読んでから

 メニュー構成を読んでから実際の作業に移ってください。冬のおすすめ旅行の記事を書かれていますが、春、もしくは夏のおすすめ旅行の記事を作成される事をおすすめします。現状ではアクセス数が少ないですよね。という事はせっかく記事を書いても読む人はいない。ですが近い将来にはアクセス数が増えます。

 時期として想定できるのは3ヵ月後ぐらいから。すると2月ぐらいから読まれる人が増える。この点を考えると、春の旅行記事を増やした方がベターと言えます。春になれば夏の旅行、夏になれば秋の旅行、秋になれば冬の旅行記事を増やします。一年経てば、四季のおすすめ旅行の記事が完成です。あとは季節ごとに新規の記事を増やしていけばそれでOKです。

記事は書き直さないように

 書かれた記事は書き直さないように。例えば冬の旅行の記事を書かれたわけですから、この記事を潰して春の旅行の記事を書かない。必ず新たなページとして作成してください。分り易く言えば、来年は、今年書かれた冬旅行の記事を「2007年の冬におすすめした旅行」として残して「2008年におすすめの冬旅行」の記事を作成し、再来年は「2009年におすすめの冬旅行」の記事を作成していくのです。

 このようにしていけばサイトのボリュームが増えるので、アクセスした人の関心度が高まりますし、SEO的にもグッドです。次回はメニューの構成方法です。上記ページの左側本文のリンク先が間違っています。右側メニューにあわせましょう。また下記のページ(他のページもすべて)では上記ページへのリンクが必要です。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

メタボリック解消を確実に狙う|イメージ画像