……駄目よ、清

「……駄目よ、清。……何考えてこんな所まで来ているの」
「知恵。お前の事を考えてきたんだ」
「……私の事って……ほっといてよ。私は大丈夫だから」
「分かっているんだろ、吉永がどんな男で在るのか」
「……だからほっといてよ。もう帰って、清」

 やはり反応が少し遅れている。間違いない。知恵の後で吉永が何かの指示を出しながら彼女を脅している。警部の顔を見たら、何かの合図を俺に対して送っているが、何の意味が在るのか理解する事ができない。

 それほど俺が緊張しているのか、それとも警部が興奮しているのか、それさえも分からない。
「知恵。ドアを開けないのなら、壊してでも中に入るぞ」
「……駄目よ。そんな事をしたら警察を呼ぶわよ」

 その時警部が動いた。手には先ほど元木に用意させたハンマーを持っている。そのハンマーを振り上げドアのノブめがけて振り下ろす。壊すという感じではなくて、叩く。そんな感じだったが、たいした破壊音も無く、ポロッとドアノブが通路の床めがけて落ちていった。警部は何時もこうやってドアを開けているのだろう、それで何処を叩けばドアノブが壊れるか経験で覚えこんでいるに違いなかった。

三十センチほどの長さ

メニュー構成を読んでから

 メニュー構成を読んでから実際の作業に移ってください。冬のおすすめ旅行の記事を書かれていますが、春、もしくは夏のおすすめ旅行の記事を作成される事をおすすめします。現状ではアクセス数が少ないですよね。という事はせっかく記事を書いても読む人はいない。ですが近い将来にはアクセス数が増えます。ちなみに勤務予定地は東京都23区内に内定しました。

 時期として想定できるのは3ヵ月後ぐらいから。すると2月ぐらいから読まれる人が増える。この点を考えると、春の旅行記事を増やした方がベターと言えます。春になれば夏の旅行、夏になれば秋の旅行、秋になれば冬の旅行記事を増やします。一年経てば、四季のおすすめ旅行の記事が完成です。あとは季節ごとに新規の記事を増やしていけばそれでOKです。

記事は書き直さないように

 書かれた記事は書き直さないように。例えば冬の旅行の記事を書かれたわけですから、この記事を潰して春の旅行の記事を書かない。必ず新たなページとして作成してください。分り易く言えば、来年は、今年書かれた冬旅行の記事を「2007年の冬におすすめした旅行」として残して「2008年におすすめの冬旅行」の記事を作成し、再来年は「2009年におすすめの冬旅行」の記事を作成していくのです。

 このようにしていけばサイトのボリュームが増えるので、アクセスした人の関心度が高まりますし、SEO的にもグッドです。次回はメニューの構成方法です。上記ページの左側本文のリンク先が間違っています。右側メニューにあわせましょう。また下記のページ(他のページもすべて)では上記ページへのリンクが必要です。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

メタボリック解消を確実に狙う|イメージ画像