何かの理由をつけて

 という事は荷物をまとめている。そんな風に感じられた。吉永が何かの理由をつけて知恵を説得し、そのまま何処かに逃げて安住の地を見付けるつもりだろう。吉永が自分の犯した事や、今しがた妻と娘を殺した事など話していない事は、容易に考える事が出来る。

 そんな男と何処かの地で暮らしても幸せなど訪れるはずが無い。何とか彼女を助け出さないと。それが今の俺の使命に感じられた。

 力を込めて目の前のドアをノックした。コンコンという感じではなくてドンドン、そんな感じだった。だが中からは何の返事も無かった。予測された事では有る。再び窓から中の様子を伺うと、先ほどまで動いていた人影が動いていなかった。
「知恵。俺だ。聞こえるだろ。大事な話が有る、ドアを開けてくれ」
「……」

 俺がドアに向かって、しかも中に聞こえるように大きな声で話しかけたが、そのドアの内側からは何の返答も無かった。
「知恵、居るのは分かっているんだ。吉永なんかに、騙されてはいけない。良く考えろ、返事をしてくれ」
「……あなた何しているの。こんな所まで来て」

 俺の最初の声に反応しなくて二度目で反応した。と言う事は、吉永が、自分の立場が悪くなった事を察知して態度を変えたのかも知れない。と言う事は、知恵は脅かされて対応しているのかもしれない。俺は慎重に言葉を選ぶ必要が有るという事だ。
「知恵。ちょっとで良いからドアを開けてくれないか」

……駄目よ、清

メニュー構成を読んでから

 メニュー構成を読んでから実際の作業に移ってください。冬のおすすめ旅行の記事を書かれていますが、春、もしくは夏のおすすめ旅行の記事を作成される事をおすすめします。現状ではアクセス数が少ないですよね。という事はせっかく記事を書いても読む人はいない。ですが近い将来にはアクセス数が増えます。

 時期として想定できるのは3ヵ月後ぐらいから。すると2月ぐらいから読まれる人が増える。この点を考えると、春の旅行記事を増やした方がベターと言えます。春になれば夏の旅行、夏になれば秋の旅行、秋になれば冬の旅行記事を増やします。一年経てば、四季のおすすめ旅行の記事が完成です。あとは季節ごとに新規の記事を増やしていけばそれでOKです。

記事は書き直さないように

 書かれた記事は書き直さないように。例えば冬の旅行の記事を書かれたわけですから、この記事を潰して春の旅行の記事を書かない。必ず新たなページとして作成してください。分り易く言えば、来年は、今年書かれた冬旅行の記事を「2007年の冬におすすめした旅行」として残して「2008年におすすめの冬旅行」の記事を作成し、再来年は「2009年におすすめの冬旅行」の記事を作成していくのです。

 このようにしていけばサイトのボリュームが増えるので、アクセスした人の関心度が高まりますし、SEO的にもグッドです。次回はメニューの構成方法です。上記ページの左側本文のリンク先が間違っています。右側メニューにあわせましょう。また下記のページ(他のページもすべて)では上記ページへのリンクが必要です。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

メタボリック解消を確実に狙う|イメージ画像