何か呟いている

 警部は俺にそう話しかけた後、ひとりで何か呟いている。きっと作戦に間違いが無いか確認しているのだろう。
「元木。この現場にはどのくらいの人数が来ている。それと時間も確認してくれ」

「はい、警部。もう確認しています。パトカー四台に八人が乗り込んでいます。時間は十分ほどでこちらに到着します」
「四台か。それは良いとしても遅いな、十分か。何してるんだこんな時に。パトカーにサイレンは鳴らすなと言っておいてくれ。それと山下、どうせ付いて来るつもりだろうから、元木の後から来い。何か有ったら大変だからな」

 ドアの上に貼り付けて有る小さな薄い鉄板、大きさは縦が三センチ程で、横が十センチ程だろう、その表示板には、302、とただ単に無機質な書き方で部屋の番号を主張していた。だが今の俺、警部や元木も含めた人から見たらそれは重要な番号だった。そしてその横に張られた紙には小さく吉永とも書かれていた。

 このドアに立つ前に、横に有る窓から部屋の中で人影が動く事を確認している。その影はふたつ見えた、という事は間違いなく吉永徳次郎と西田知恵だ。窓から中の様子がはっきりと見える訳ではなかったので、その二人がどんな動きをしているかは解からなかったが、俺の見た感じでは、二人は腰を落としてせわしく動いていた。

何かの理由をつけて

メニュー構成を読んでから

 メニュー構成を読んでから実際の作業に移ってください。冬のおすすめ旅行の記事を書かれていますが、春、もしくは夏のおすすめ旅行の記事を作成される事をおすすめします。現状ではアクセス数が少ないですよね。という事はせっかく記事を書いても読む人はいない。ですが近い将来にはアクセス数が増えます。

 時期として想定できるのは3ヵ月後ぐらいから。すると2月ぐらいから読まれる人が増える。この点を考えると、春の旅行記事を増やした方がベターと言えます。春になれば夏の旅行、夏になれば秋の旅行、秋になれば冬の旅行記事を増やします。一年経てば、四季のおすすめ旅行の記事が完成です。あとは季節ごとに新規の記事を増やしていけばそれでOKです。

記事は書き直さないように

 書かれた記事は書き直さないように。例えば冬の旅行の記事を書かれたわけですから、この記事を潰して春の旅行の記事を書かない。必ず新たなページとして作成してください。分り易く言えば、来年は、今年書かれた冬旅行の記事を「2007年の冬におすすめした旅行」として残して「2008年におすすめの冬旅行」の記事を作成し、再来年は「2009年におすすめの冬旅行」の記事を作成していくのです。

 このようにしていけばサイトのボリュームが増えるので、アクセスした人の関心度が高まりますし、SEO的にもグッドです。次回はメニューの構成方法です。上記ページの左側本文のリンク先が間違っています。右側メニューにあわせましょう。また下記のページ(他のページもすべて)では上記ページへのリンクが必要です。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

メタボリック解消を確実に狙う|イメージ画像