高度な内容に成長

 高度な内容に成長…いまの経済状況を見れば明日の生活にも不安を覚えますから。不安を覚えると言えば、私の本業である運送業界も大変厳しい。というか厳しいを超えて、いつ倒産するか、なんて不安を感じます。

 要するに業績が回復するまでの期間を乗り越えられるか? という点ですね。分り易く言えば社長の能力が試されている時期でも有ります。例えば自動車業界は全滅なんてよく記事を見かけますが、スズキだけは速いうちから対応を取っていたらしい。その為、スズキは赤字転落を免れた優秀なる企業として紹介される記事を多々見かけます。

 話は突然変わりますが、近い将来ブログのタイトルを「サイドビジネス」に変えます。その上でホームページの運営を勧めることにします。これは今まで培ってきた知識を元に皆が「サイドビジネス」と呼べる報酬が得られるような、言い換えればより高度な内容に成長させようと思います。

 さらにこれまではホームページの作り方をお伝えしていましたが、面倒なので私が基本的な部分だけは作ろうかと思っています。それをベースに皆さんはサイドビジネスと呼べるようなホームページに育てて欲しい。 本日はここまで。

PS これまで内緒の萌さんとのやり取りはサイトの記事としてリライトし、公開しています。それを読めばホームページの運営を始められるかもしれません。

不況と言う強風

好意を持っている人

 好意を持っている人が訪れるとは限らない訳で、例えば故意にアドセンスをクリックするかもしれませんし、あるいは好意を持っている人が、飛ばし屋さんさんのために、と思ってアドセンスをクリックするかもしれません。違うパターンで考えるとネット初心者が、スポンサードリンクの意味を知らず、アドセンスを多量にクリックする可能性もあります。

 アクセスが少ない状況でクリックする人が多いと、グーグルが「違反行為」をしていると判断する可能性があります。つまりアカウントを削除される可能性があります。ですので実際にアクセス者数が増えてからグーグルのアドセンス広告を載せる事をおすすめします。目安として一日のページビュー(PV)が500前後ぐらいだと思います。

全体の表示数が多い

 このぐらいのPVがあれば、その中にやたらとクリックする人がいても、全体の表示数が多いので、特に問題になる事はないと思います。見出しタグに戻ります。サイトのソースを上から下に眺めて見ましょう。その時に見出しタグが次のような順番であれば問題ありません。飛ばし屋さんさんの場合、順番どおりになっていないので、それぞれの数値を順番どおりに並べ替えてください。

 これ↓は上記の発展型です。数値を書き換えるだけですので、作業としては簡単です。ですがすべてのページを書き換えると大変ですので入り口となるページ(index.html)だけを書き換えるといいでしょう。上記以外のページは何かの理由で修正する時、ついでに行えば良いでしょう。という訳で次回こそ本当にメニュー構成です。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

メタボリック解消を確実に狙う|イメージ画像