私自身が実験

 私自身が実験...ですが、この方法だと、ある一定以上の成果しか出せません。と言うのも発リンクの元となるブログを数多く立ち上げることが困難だから、と言う点とそれぞれのブログが持つパワー(簡単に言えばページランク)が微細な物にしかならないからです。

 また、それぞれのブログは頻繁に更新をしないと意味がありません。更新をしないでいると、該当する記事そのものが他の人が書く記事によってネット上で埋もれてしまうから。ですので、この手法は長続きしません。ですが人が狙っていないキーワードを短期間で上位に表示させるには、もってこいの方法だと思います。

 これらの現象は私自身が実験したので、それなりに根拠があります。実際ここ数日はブログの記事を書かずにいて、その代わり時サイトからのリンクを数本ほど出してみました。私のサイトはブログのようにPINを発信することが出来ないので、ロボットに拾われるまで少々時間が掛かりましたが、その成果が現在の順位だと思います。

 ただ実際に今回、チャレンジしてみて、他他のブログを管理するぐらいなら、相互リンクを申し込んだ方が結果的に早いと感じました。それにブログそのもので上位を狙った方が早い。実際にグーグルで焼まんだてまけせと検索していただければお分かりになるでしょうが、圧倒的にブログの方が上位に表示されやすい。

一位を獲得する自信

好意を持っている人

 好意を持っている人が訪れるとは限らない訳で、例えば故意にアドセンスをクリックするかもしれませんし、あるいは好意を持っている人が、飛ばし屋さんさんのために、と思ってアドセンスをクリックするかもしれません。違うパターンで考えるとネット初心者が、スポンサードリンクの意味を知らず、アドセンスを多量にクリックする可能性もあります。

 アクセスが少ない状況でクリックする人が多いと、グーグルが「違反行為」をしていると判断する可能性があります。つまりアカウントを削除される可能性があります。ですので実際にアクセス者数が増えてからグーグルのアドセンス広告を載せる事をおすすめします。目安として一日のページビュー(PV)が500前後ぐらいだと思います。

全体の表示数が多い

 このぐらいのPVがあれば、その中にやたらとクリックする人がいても、全体の表示数が多いので、特に問題になる事はないと思います。見出しタグに戻ります。サイトのソースを上から下に眺めて見ましょう。その時に見出しタグが次のような順番であれば問題ありません。飛ばし屋さんさんの場合、順番どおりになっていないので、それぞれの数値を順番どおりに並べ替えてください。

 これ↓は上記の発展型です。数値を書き換えるだけですので、作業としては簡単です。ですがすべてのページを書き換えると大変ですので入り口となるページ(index.html)だけを書き換えるといいでしょう。上記以外のページは何かの理由で修正する時、ついでに行えば良いでしょう。という訳で次回こそ本当にメニュー構成です。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

メタボリック解消を確実に狙う|イメージ画像